購入するときの相談先

購入するときの相談先 加齢が原因であったり、音障害型難聴などの病気を患って聴力に支障をきたした場合に用いる医療機器が補聴器です。この補聴器を購入したいときの相談先はメガネ販売店となっています。
メガネ販売店で補聴器を取り扱っている理由は、眼鏡技能士を取得できる専門学校で補聴器技能士の勉強も同時におこなえるからです。そのため、両方の資格を有している専門スタッフが在籍しているので購入することが可能です。相談をする場合、メガネ店でも聴力検査をおこなうことが可能で、聴こえ方に応じた適切な機器をピックアップしてもらってから希望にある品を選ぶことも可能です。これまで一度もメガネを作ったことがなく、どのお店に行けばいいのかわからない場合は、かかりつけ病院に尋ねるのもいいでしょう。病院によっては提携しているメガネ店があり、一般価格よりもお安い値段で買うことも可能です。なお、医療機器なので買う際は必ず医師の処方箋が作成した処方箋が必要です。

購入時には正確な検査を受ける

購入時には正確な検査を受ける 耳の聞こえ方は、検査によってどの音域が弱くて問題の少ない音域はどこであるのかをきちんと精査することが重要です。
全体的に聴力が低下してきている方だけではなく、高音域の一部が聞き取れないようになっているケースや、低い音をとらえられなくなっているケースなど、「聴力の波」を見られるように数値化して、不足している部分を補うような調整を施した補聴器を装着することがベストです。
一律に耳に入る音量を大きくして聞こえやすくする集音器は、少し耳が遠くなってきたかも知れないという初期の段階では有効に活用できるものですが、難聴が進んで切る場合には管理医療機器である補聴器の購入を検討することがお勧めです。医療機関を受診して、正確な検査を受けることによって、補聴器で補う音域の微調整を行ってもらえますので、よりクリアで快適な「きこえ」を実現することができます。耳に違和感をおぼえるような場合には、まずは専門の医療機関を受診してみましょう。