両耳の補聴器のよくある悩み

両耳の補聴器のよくある悩み 補聴器を両耳に付けることには、小さい声や離れている所の音が聞こえやすくなることや、音量を下げることが出来、耳への負担を軽くすることが出来るなどのメリットがありますが、両耳装用ならではの悩みが発生する場合もあります。
よくある悩みとしてあげられるのは、耳に閉塞感がでてしまうことや物を食べる時に噛んだ音が響くということ、自分の声が大きく感じるなどです。
特に耳穴式の補聴器を使っている方が悩む場合があり、補聴器を使い慣れていない方ほど感じやすいことだと言えるでしょう。
しかし、これらのことは新たに使い始めた直後には違和感があったとしても、時間が経つにつれ慣れてきて気にならなくなる方が大半のようです。
また、音量のバランスを左右で調整し、プログラムと呼ばれる場面ごとの調整をすることで改善されることもあります。
補聴器を両方の耳に装着することには、音より聞き取りやすくしてくれるため、調整などを施して上手に活用してみると良いでしょう。

補聴器を両耳に備えると聞き取りが良くなる理由

補聴器を両耳に備えると聞き取りが良くなる理由 補聴器とは一般的に、聴力が落ちている耳に備えて聴力を良くするアイテムです。
片耳だけに装着されている方がほとんどですが、両耳に装着するとより一層小さな音を聞き取りやすくなります。
その理由とは、周波数が左右差のないバランスとなるからです。
補聴器の場合、一人ひとりの聴力に合わせた周波数調整をおこなうため、完全なオリジナル製品と呼べるものです。
しかし、機器内に備わっているマイクロチップによって音を増幅させるため、音程差が若干あらわれてしまいます。
この音程差によって聞き取りにくい音が生まれますが、良く聞こえている耳にも同じ補聴器を装着することで解消することができます。
特に低音障害型感音難聴を患っている方の場合は、左右差のある音程差原因でめまい・頭痛を発症される方が多いので、両耳に補聴器をつけるのが理想的です。
聞こえが良くなるだけでなく、併発しやすい症状も抑えられるので快適な生活を送ることができます。