補聴器からノイズが聞こえるけど大丈夫?

補聴器からノイズが聞こえるけど大丈夫? 補聴器を使用していると、様々なノイズが聞こえることがあります。
遠くで雨が降っているようなサーッという小さな雑音であったり、機械的で耳障りな高音であったりと、人によって状況は異なります。
音声が途切れるような状態になることもあり、その原因となっていることに対処することで快適に使用できるようになります。
ハウリングという高音が響く現象の場合には、補聴器が音を増幅していることで発生しますので音量の調整を行うことや耳栓の調整で解消することができます。
マイクノイズ(雑音)が気になるという方は、補聴器側の調整がうまく行われていないということが原因となっている場合がありますので、専門の医院で一度チェックを受けてみると良いでしょう。
音声の途切れは電池の消耗かもしれませんので、電池の入れ替えを試してみてください。
また、補聴器をつけることで日常の音をよく拾えるようになり、今まで気にならなかったごく普通の生活音が気になるだけという場合もあります。
その場合は、慣れるまでしばらく使い続けてみることも一つの方法です。

補聴器がノイズを発するようになったら店に持っていくのがオススメ

補聴器がノイズを発するようになったら店に持っていくのがオススメ 補聴器を使用し快適に聞こえるようになったものの、時にノイズが入ってしまうと感じている人は多いのではないでしょうか。
補聴器は音を聞きやすくするための処理を内部の電子回路で行っています。
その際、音を電気信号に変えて処理するため周りの電気製品が発している電磁波の影響を受けてしまうことがあります。
例えば使用中の家電製品に補聴器を付けた耳を近づけると、それまでに聞こえていなかった音が聞こえてくることもあります。
このような場合は耳を遠ざければ済みます。
ですが電子回路が故障したり、耳栓部品と耳の形が合わなくなると音が漏れハウリングを起こす場合もあります。
そんなときは手に負えないので購入した店へ行き修理してもらうことがオススメです。
程度によってはその場で修理してくれることもありますが、メーカーに送らなければならない場合もあります。
すぐに直らない場合、その間不便になりますが、代替品を用意している店もあります。
ですので、手に負えないノイズが出るようになった場合は、店で見てもらうのがいいのではないでしょうか。